エニシア株式会社

ミッション

情報技術でカルテをもっと利用しやすく

医師は、記録したカルテから多くの文書を作らなければなりません。また、カルテを今後の治療や研究などに活用するには、手間をかけてきれいなデータに整えなければなりません。

カルテが関係する事務作業は医師の貴重な時間を奪い、長時間労働の要因となって、時には過労死を引き起こしています。

このような作業から解放されれば、医師は治療や研究により集中できるようになって、患者はより良い医療を受けられるようになります。

私たちは、医療に特化した自然言語処理技術でカルテをもっと利用しやすくして、患者・医師・医療にかかわる人々を支えていきたいと考えています。

コア技術

SATOMI®

エニシアが提供するサービスの根幹となるのは、独自の言語処理技術『SATOMI®』。

機械で分析することが困難な医療テキストを、解析・整理することで、医療情報の利活用を可能にします。

サービス内容

みんなの地域連携室®

医師の診療情報提供書(紹介状)作成を支援するサービス。

電子カルテ情報から紹介状素案を作成することで、医師の紹介状作成作業を効率化します。

カルテ構造化API

医療テキストを目的に応じて整理するサービス。

カルテなどの医療テキストを目的に応じた形に自動で整理することで、整理にかかっていた負担を軽減するとともに、医療情報を利活用する新しい取り組みを可能にします。

実績紹介

みつば脳神経クリニック様に、紹介状作成サービス『みんなの地域連携室』を採用いただきました。

情報セキュリティへの取り組み

エニシアは、提供するサービスにおいて、みなさまに安全かつ安心にご利用いただけるよう、データ管理体制を構築しています。

ニュース

  • 『カルテ構造化APIサービス』が島津製作所様の日本初 感染症マネジメント支援システムに採用されました

  • 「Healthtech/SUM 2023」に登壇します

  • 「第6回 デジタルヘルスシンポジウム」でブース展示を行います